トップマン工業株式会社サイトトップ

バイアステープに関するご相談

06-6744-3356

営業日 月曜~金曜 10:00~18:00

メールでのご相談

カタログ・サンプル

top > 社内活動 > 弊社の取り組み

弊社の取り組み

お客様の満足は社員の満足から

お客様の満足を実現するためには、まず社員の満足からはじめなければならない。

私たちトップマン工業はこのように考えております。社員の満足とはもちろん、安定した給与で充実した生活を送るということでしょうが、それだけではありません。ちょうど車の両輪のように、高い意識を持って仕事に取り組むことと併せてはじめて実現できることだと思います。

社員が数字を意識する

トップマン工業では、ひとりひとりの社員が、日々数字を意識しながら行動すること、そして全員の思いを共有し合うこと、この2つを実践することで、社員全員が「経営者目線」を持って仕事をすることを目指しております。

数字を意識するとは、つまり「会計の見える化」です。月次ごとの社内会計を全員で共有し、誰が何にいくら使ったかといった経費や、事業チーム別の損益を明らかにし、互いに確認し合っています。

これは、経費節減や売上ノルマを社員同士で競い合わせるというようなことが目的ではありません。 数字を意識するということは、会社が置かれている現状をハッキリと把握することにつながります。引いてはひとりひとりのお客様を意識することにつながります。このように考えているからこそ、社長以下、現場の社員にいたるまで、全員が会計を頭に入れる体制づくりに努めています。

社員の思いを共有する

同時に、月1回、全社員で経営理念の勉強会を開いております。その時々の課題など、あらかじめ決められたテーマに基づき、社員同士がディスカッションしてレポートにまとめ、互いに目を通し合うことで、それぞれの担当チームはどのようなことを考えているかを分かち合います。

半期ごとには、経営計画の全員ミーティング「キックオフ会」を開き、会社の置かれている現状と課題について意見をぶつけ合い、今後の方針を明らかにしていきます。 また日々の日報を社員で共有するほか、社長の思いを毎日、全社員にメールで届けるといった日常的な確認作業も徹底して進めております。

3S活動について

「整理・整頓・掃除」のいわゆる「3S活動」については、社員の自主的な組織である「3S委員会」が中心となって進めています。

無駄を減らし、ミスを防ぐため、どのような社内環境を整えて行けばいいのか。これはトップダウンで命令するような種類のことではありません。現場の社員が常に考え、改善を進めていくことがもっとも大切なことです。

このためトップマン工業では、「3S委員会」が立てた年間スケジュールに基づいて社員ひとりひとりが活動し、定期的に進捗状況を発表することによって、社員同士がお互いに意識を高め合いながら取り組んでいます。

このほか、年1回の研修旅行(合宿)や、コンサルティング会社が主催している外部の研修会への参加などを通じ、常により効率的で、気持ちよく働けるための社内環境の整備や、社員の意識向上、意識の共有に努めています。

「お客様の満足」をスローガンに終わらせないために

「お客様の満足のために」と口で言うのは簡単ですが、実現するのは途方もないことではないでしょうか。 私たちトップマン工業は、「顧客満足」という大きな理想を、ただのスローガンに終わらせないために、まず自分たちをしっかりと見つめることからはじめています。

社員ひとりひとりが確かな満足をもって日々の仕事に取り組む。この、とても基本的なことを実現し、さらによりよくしていくことで、はじめてお客様に満足していただき、世の中に貢献することができると考えております。